都民ファーストの会

東京都議会議員

  • 小
  • 中
  • 大
文字の大きさ

無電柱化の視察

2015年4月5日

 私は、JR武蔵小金井駅北口の整備を行った東京都道路保全整備公社の評議員を務めています。2月12日、同公社が施工した狭隘道路の無電柱化を視察して参りました。目的は、都道連雀通りのように幅員が狭い道路でも、無電柱化ができるかを視察するためです。
 さて、現場は富岡八幡(江東区)の近くにある区道です。この道路は、民地や区有地に適当な変換器設置場所があったので無電柱化できましたが、官民それぞれが用地提供等の努力が必要な難しい工事だと分かりました。
 現時点では、変換器自体の更なる小型化は実現していません。故に、無電柱化するには、電柱の上部にある変換器を設置する土地が必要になります。それが狭い道路の無電柱化が進まない原因の一つです。都内には、無電柱化が必要な狭隘道路が多数存在するので、東京電力や都には機器や工法の技術革新をして頂きたいと思います。

現場説明01

施工についての説明

工事完成後

工事完成後

官地設置

官地(公園)に変換器を設置

地中への引き込み

家庭から電線を地中に引き込む