都民ファーストの会

  • 小
  • 中
  • 大
文字の大きさ

ホーム > 実現した政策 > (平成26年)教育推進資料「子供たちに伝えたい日本の良さ」

(平成26年)教育推進資料「子供たちに伝えたい日本の良さ」

2021年5月17日

私たちの人生や生活は、縦軸と横軸から成り立っていると思います。横軸は生きている社会、縦軸は歴史です。日本の歴史は、縦軸に深く、そして連続性を持っています。だからこそ、国や日本人の成り立ちについて理解を深めることが教育の根幹であると考えます。

当時、2020大会(東京オリンピック・パラリンピック)が決定した直後であり、世界の国々との交流について考える好機でもありました。

そこで、海外と交流する際には、我が国の歴史や文化がどのように世界各国とかかわりながら今日に至ったのかを学ぶことが必要だと考え、東京都教育庁に教育用資料の作成を提案しました。

その結果、「子供たちに伝えたい日本の良さ」

https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/content/documents.html)が発行され、学校の朝礼等で活用され、平成26年から今日まで計50号が作成されています。

 

本提案は、ポーランド駐日大使(平成26年当時)との出会いがきっかけとなりました。平成26年に、駐日ポーランド大使のツィリル・コザチェフスキ閣下から大使館にお招きを頂きました。その際に伺ったお話は、日本とポーランドの歴史についてでした。

かつて、ポーランドはロシアなどの周辺国に領土を奪われました。独立を求めて活動した人々は政治犯としてシベリアに送られました。また、国家を失い、財産を失ったポーランド人もシベリアに向かうしかなかったそうです。食糧難等で飢えた人々は、アメリカや西欧諸国に助けを求めましたが断られ、最後に日本に助けを求めたところ、17日後には日本政府と日本赤十字社が救出に動いたのです。緊急を要する延べ765人の孤児を日本で受け入れ、手厚く保護し、看護師やその他の日本人から惜しみない愛情を注がれ、後に日本の船舶で帰国したそうです。ポーランド人は、今でもこのことに感謝して下さっており、大使は感謝の碑を日本で建設したいと発言されていました。

 

平成26年第3回定例会 木村基成 本会議一般質問

https://www.gikai.metro.tokyo.jp/netreport/2014/report07/4.html

ポーランド大使館にて、ツィリル・コザチェフスキ閣下と。

Facebook

Twitter

モバイルサイト

都民ファーストの会

応援メッセージやご意見をお待ちしております。